西区八軒の家屋解体工事の見積について

2014.04.08

今日は現場終わりで見積りに来ています。場所は八軒で共同道路内の現場です。

共同道路内での作業には細心の注意が必要です。

こんな風に電柱があり電線が張り巡らされていて家が密集してると解体費用も上がってしまいます。解体初日は重機が入れず重機解体が出来るまで所まで手壊になってしまうからです。

西区八軒の建物解体現場

なるべくコストは下げ、喜んでもらいたいのは山々ですが場所によって変動してしまいます。でも安全第一を考えると、無理に重機で解体して電柱を折って周りに迷惑をかけたり、迷惑じゃ済まないような事故も最近東京でありました。少しの手抜きが大惨事にもなります。コストは多少かかってもプロの目で確かな仕事を提供してきます。

内装の解体から始めます

八軒の建物内装解体

解体工事をお任せいただき誠にありがとうございます。

今日は内装解体です。まずは内部にあるボードやグラスールといった内装材を解体します。内装解体はリサイクル法に定められていて間違いなくやらなくてはいけない仕事です。この仕事怠っている業者は違法解体です。この解体材は札幌市の埋め立て地に有料で捨てなければいけません。

建物外部の養生対策

建物の養生内装解体が終わったら次に飛散防止の養生です。まだシートはかけてません。解体直前に掛ける事が多く、早くに掛けてしまうと風の強い日は、凧のようになり倒れる危険性があるからです。

写真の現状は、養生組み立て中で、この作業も危険性が高まります。養生によって百パーセントとはいきませんが八割くらいの事故をカバー出来ます。後の2割は事故のないよう作業員一同協力して務めてます。

今回は重機が搬入出来るまで手作業による解体をします。

電気線を外す工事

内装解体と足場掛けを1日で終わらせて、本来ならいよいよ重機解体なんですが、電線、電柱が隣接しているため、重機解体できる所まで手壊しします。

解体費用があがる要因は隣接地の重機、ダンプ出入り不可と手壊し等が理由の一つにあります。電動工具等の危険な道具使用のため引き続き安全に努めていきます。

重機による建物の解体開始!

ついに建物解体

重機解体が可能な所まで手壊ししたら、次は重機搬入です。搬入も無事に完了したら重機解体開始です。

手壊しによって電線類に接触しないようになり解体作業がやりやすくなりましたが、電線の低さに変わりはありません。引き続き慎重に解体してきます。

いよいよ最終日、気持ちを込めて整地完了!

西区八軒工事現場整地

重機を使って、建物と基礎解体を3時に終わらせて最終段階の整地です。以前にも話した通り、整地完了をお客様と共に確認して、初めて解体工事が完了します。

敷地内に解体物が残っていたり、ゴミが散乱した状態ではOKはもらえません。他人の土地ではなく、自分の土地だという意識を持って綺麗にすることを心がけています。

Comment

  1. 匿名希望 より:

    いつも拝見しています♪
    安全第一で頑張ってください\(^^)/

    • yusei2014yusei より:

      コメントありがとうございます(*´▽`*)
      はい‼︎頑張ります‼︎
      またコメントお待ちしております⭐︎

  2. Johne581 より:

    I am impressed with this website, rattling I am a big fan. dedcdacedeac

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です