柾屋根解体

2015.06.17

お久しぶりです。

勇成興業です( `ー´)ノ

 

今回は、北43条の住宅解体工事のレポートをしたいと思います!

今週は、気温も上がるそうなので、水分補給に気を付けながら現場をこなしていきます。

 

この現場に要所は、何といっても柾屋根です。

まさ屋根とは・・・

簡単に言えば、亜鉛銅板(いわゆる、屋根の鉄板)が主流になる前の屋根で、30㎝×15㎝四方程

厚み3㎜程の木製の板を重ねに重ねて屋根にするというもので、当時主流だった瓦屋根より安価であり、木材に困らない北海道に良く見られる屋根なんです( ゚Д゚)

 

・・・単純に薄くて、割れやすくて、小さくて薄っぺらい木の板を幾重に重ねているのです。

これが、解体となると・・・( ;∀;)

 

ちょっとした風で飛んでしまったり、非常に割れやすくて散らかったりと、いつものバラ板の屋根より手が掛かります。

 

752

 

ですが!!!!!!

勇成興業の手に掛かれば!!

 

自信があります!!

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA