• HOME
  • [重要]解体の手続

[重要]解体の手続

忘れたら大変!解体工事の書類手続

~解体工事には2種類の手続があります~

 解体申請

028059解体申請は、解体工事が始まる7日前までに提出する必要があります。解体申請は解体業者ではなく発注者に課せられた義務なので、家を壊すお客様が申請をしなくてはなりません。

しかし、当社ではお客様に変わり申請致しますので、ご安心ください。(※委任状を当社スタッフにお渡しください。)

また、申請を怠ると建設リサイクル法では最大20万円の罰金が課せられることもあります。

延べ80平方メートル25坪以上の場合申請が必要となります。

後 建物滅失登記

建物を解体したあと、1ヶ月以内に法務局にある建物の登記簿を削除する必要あります。

  • 申請を怠った場合、罰金として10万円以下が課せられる場合があります。
  • 土地家屋調査士に依頼すると3万円から5万円の依頼費がかかります。

当社では、滅失登記書類一式を無料でご用意し一部作成しておりますので、お客様のお手を煩わせる事はございません。(※当社が作成した書類に必要ヶ所を記入し、法務局に提出して頂くだけです。)

当社記入部分に記入した書類を作ってお渡ししますので、申請忘れの防止にもなります。(注)一般のお客様のみの対応になります。

「解体申請」と「滅失登記」は当社スタッフにお尋ね下さい!

解体申請に必要な書類

tel